住宅ローンを組むとき

住宅ローンを組むときに注意したいのは、勤め先の勤務期間です。価格によって、社員で何年務めていないと借りられないことがあります。いくら収入があっても、不安定だからといってローンを組めないのです。

共働きの場合は、合算もできるので相談してみましょう。その場合は、多少苦しくなりますが、頭金をふやしてみたり、金融機関によっても融通を聞かせてくれるところがありますので、あきらめずに探すことも重要です。

できれば、住宅ローンの予定がある方は、早めに今の雇用形態や勤続年数などに目を向けておくとよいでしょう。