合同会社設立の方法と流れは簡単

合同会社設立は株式会社と比べるととてもシンプルだそうです。最短3日でできるとも言われています。

では合同会社設立の流れを説明しましょう。まずは基本事項を決めます。住所、会社名、事業目的と決算時期、基本金の額、社員や代表と業務執行社員、設立する会社のタイプを判定などが基本事項です。

次に印鑑証明書を取りに行き、会社の印鑑を作ります。そして会社の憲法とも言われる定款を作成します。次に資本金を口座に入金し、払込証明書を作成します。登記書類の作成が終われば、最後に設立登記を法務局に申請して、合同会社の完成です。